回答2
081868b さん
2021/02/21

Firefoxの検索ワード結果の奇怪な挙動

FirefoxをWindows8.1で検索エンジンduckduckGoで使ってます。
セキュリティ設定はfirefox標準の機能で厳格に設定していますが、ブラウザーのセキュリティは外部の物も追加して監視しています。
ブックマークには、以下に挙げる利用するサイトの商品ページをたくさん記憶させています。
firefoxでは種々の不可解なバグがあって利用者を混乱させている面もあるようですが、以下の事もその一部なのか、それともOSとの相性や整合性の問題が隠れているのでしょうか?
可能性は限りなく低いとは思いますがハッキングなのでしょうか???
よく起こるわけではないのですが、稀に以下の様な症状が起こりびっくりさせられます。


1.通常はURLをダイレクトにインプットしない限り検索ワード+エンターでは検索内容に関連する見出しの順位が表示されるページが先ず表示されますよね。
そして、ある検索ワードで調べたい事を検索した結果、見出しが表示されるページで別の用事などをしていて一定時間放置していたとします。

2.この一定の放置時間内で一度目当てのサイトを開いた後にブラウザーの戻るボタンで一つ前の見出しのページに戻し再度放置していたとします。

3.ブラウザーのトップの検索ボックスに検索ワードを入れてエンターを押すと、いきなり日頃よく閲覧するサイトの商品ページに飛んだかと思うと、その商品ページの上段の商品検索ボックスに、そのサイトに飛ばされる前に入れた検索ワードが表示された状態で表示されあり得ない表示結果です。

4.戻るボタンで一つ前に戻ると間違いなく一つ前のページが表示されていますが、そのよく利用するサイトの商品ページには、戻るボタンで前後させても二度と辿り着けなくなります。
つまりその奇怪な表示結果は消滅しているのです。あり得ない・・・

3の時点である程度気味の悪い結果なのに、4の時点ではもしかしてハッキングされているのかと思ってしまします。

※最後に一つ気になる点として、以前から頻繁にあった症状として現在でも頻繁に発症しますが、この検索ボックスに検索ワードを入れてエンターを押すと何故かfirefoxのオプションページ(設定)が別タブで開きます。
ここに何か関連性があるのでしょうか。

一体全体この現状は何なのでしょうか???不気味で仕方ないです・・・

0
通報する
ベストアンサー
rabo さん
2021/02/21

Firefoxの設定、アドオン、about:configでの変更により通常と異なる挙動が現れてくることがよくあります。
加えて、セキュリティ設定を厳格にし外部の物も利用しているとのことなので、まずこれらをすべて無効化し
挙動がどう変わるのか確認してみたらいいと思います。

その上で役に立つのは新規プロファイルを作成し同じ動作をさせてみることです。
Firefoxをインストールしたばかりのまっさらな状態での動作となるので、問題の切り分けがしやすくなります。

0
通報する

この回答へのお礼

そうでうね、それしか挙動を見分ける方法はなさそうですね。
一度、その方法で実行してみようと思います。
その上でも同様の挙動を見せるようなら改めて質問してみます。
ありがとうございました。

通報する
t_fumiaki さん
2021/02/21

多分、その問題サイトがキャッシュやクッキー操作をしていると思います。

キャッシュやクッキー操作をしても、各PC環境が違うので、正確にはコントロール出来ない筈です。

0
通報する
質問者からの返信

>多分、その問題サイトがキャッシュやクッキー操作をしていると思います。

え!? それはサイトが表示された後の話ですよね?
サイトが表示されたもしくは表示させた後のサイト内閲覧中のユーザーのipアドレスその他の情報から顧客を特定して何かなしのコントロールは出来るでしょうけど、そのサイトが意図して自分の端末を上記のコントロールで導いた・・・というのはハッキングでもできていない限り可能性低いですよね?

>キャッシュやクッキー操作をしても、各PC環境が違うので、正確にはコントロール出来ない筈です。

仰る通り正確なコントロールが出来ないにしても、検索ワード(関連性のないワード)+エンター実行の段階で、上記の特定のサイトがエンドユーザーの端末をそのようにコントロールできるに至る可能性があるのですか?
ハッキングでない限りその操作で意図しないページにいきなりジャンプさせるなんて出来るのですか?

通報する
このページの先頭へ